カテゴリー
家計管理

家計赤字改善

18万円くらい足りなくなる予定(2020年2月)。だめだこりゃ。

【王道の固定費削減】

日々「お金の支払」で四苦八苦している、シロです。節約についてを扱っている雑誌やネットでは、「固定費の見直しで赤字が改善されました」と取り上げられるのをよくみかけます。実際に固定費を見直そうかしら、と思う人もいるでしょう。まさしく、シロもその1人です。

【シロの固定費削減方法】

赤字家計の改善のため、固定費を削減しようと頑張りました。ですが、気がつくと増えるのが固定費です。油断大敵。どのサービスを停止したのかをメモしていないと再度契約し、同じことを繰り返す恐れがあります。2019年12月時点で取り組んだ固定費の削減を記録することにしました。

・宅配ミルクの停止
郵便局の入り口で「宅配ミルク」の申込みができるキャンペーンに遭遇したことはありますか?
シロは度々遭遇しました。毎回、加入して家計が赤字になるのです。2回目加入した宅配を停止しました。宅配されたモノより市販のモノの方が子どもたちの飲みが良かったです。
宅配ミルクの年間費が「NHKの年間受信料」や「シロの医療保険の年間支払料」より低いかな、というレベルまで迫っていました。気軽に始めて2万2千円を出費していました。

・生協の出資金積立の停止
・生協の減資と引き落としを依頼
毎月500円の積立をしていました。気が向いた時にはその時だけの増額で積立。5万円超える積立ができたので通常の払戻措置をし、積立も停止しました。クロが無職になったので積立に手が回らなくなりました。ゆくゆくは住宅の頭金にする予定でしたが、断念。復職したらリベンジします。

・奨学金の支払猶予を申請
シロの奨学金返還額の残高は1,530,007円です。養老保険の100万円がたまったら返済予定です。ちなみに養老保険や奨学金の支払いはクロの給与からでした。養老保険は解約すると損失が大きいので継続予定です。クロが復職したら通常の額(年間154,284円)を返還予定です。

・保険の契約者貸付制度を利用し、限度額まで引き落とし
シロ(養老保険)、クロ(子どもたちの教育費用)の保険契約者貸付を利用(905,243円)。利息0円の時に貸付利用できたので助かりました。クロの復職が決まったら、1円からでも返済していきたいです。

・クレジットカードの使用を控える
生活費をクレジットカードで支払ったら赤字が膨大になりました。固定費だけの支払いにしています。

・デビットカードでネット通販を利用
生活費は3万4千円、1週間なるべくあけるように引落ています。その際、シロのデビッドカードの合計額が2万円になるよう調整しています。2万円あれば残高がわからなくても何とかなるので助かっています。

・外食を控える
週1回ある勉強会の日、クロは弁当を持参して東京へ行っています。とても助かっています。

・買い物の回数を減らす
今日は買わないぞ!と思ってもクロが買ってきてしまうのが難点です。予算管理と意思の疎通をしっかりすればもっと減らせると思います。

どうでしょうか。シロの固定費削減メモが役に立てば幸いです。