カテゴリー
家計管理

固定費見直しに活躍!家計簿の項目別支出一覧表2019

My favorite book is “How to Manage Your Family Finances”, which was written by Atsumu Hayashi.

As a result of referring to this book, my expense was about 4,205,002 yen, according to my “income and expenditure list of 2019”.

I was surprised at the sum.

※2019年の家族構成(クロ32歳+シロ31歳+ソラ4歳+アズキ2歳+シロ母)

家計を管理する際、重要になってくるのが「予算の立て方」です。予算を過不足なく立てるられるようになるためには、過去の支出を把握することが重要になってきます。2019年、シロは初めて「家計簿の項目別支出一覧表(支出実績表)」を書き出すことにしました。

収入(給与・預金・貸付等)6,519,899
支出(固定費3,661,521)5,973,223
※収支差546,676円は、控除の額だと思います。

2020年版はもっと実際の額に迫れるよう励みたいと思います。

参考図書:林總,正しい家計管理,WAVE出版 ,2014年,p47

【家計管理の課題と固定費見直し】

現時点での予算は、固定費149,920円、生活費100,000円としています。

毎週1回、生活費3万4千円を引き落とし、財布やデビッドカードの金額をそれぞれ決めて補充しています。デビッドカードは1万円だと残高が気になって使用するのをためらってしまうので2万円にしています。(クロの財布 1万1千円、シロの財布 6千円、共同財布8千円、クロのデビッドカード 2万円、シロのデビッドカード2万円)。

固定費(自動車保険・通信費のオプション見直し)を削ってみたのですが、教育費積立代わりの各種保険が削れそうにありません。通信費は、クロの通信量を1Gに抑えてもらうことで節約することにしました。

・生活費が不明。
→家計簿アプリzaimのカテゴリを整理し、日々の記入をシンプル化。

・イベントなどの出費が不明&臨時収入が不明。
→zaimのメモ機能で内容を随時記入。

・貸付利用(2019年は5回)状況が不明。
→通帳にメモ(借りた日と額、返した日と額)。

【家計簿アプリzaim】

最近の家計簿アプリはzaimがお気に入りです。今まで、手書きの家計簿を何種類もトライしたのですがどれも長続きしませんでした。手書きだと集計するのが面倒になったり、ネット通販での支払を忘れていたりして大変でした。家計簿アプリzaimは、デビッドカードやAmazonと連携させているので、追いずらかった現金以外の支払いを忘れずに記入できるようになりました。

2020年は、5つのカテゴリ(食費、小遣い、医療費、その他、固定費)に絞って記入しています。

⒈食費の内訳
スーパー1軒、ドラッグストア1軒、その他、外食
※2019年の記録では、よく使うスーパー1軒、ドラッグストア、100均一の支出が多いことがわかりました。

⒉小遣いの内訳
パパ(クロ)、ママ(シロ)
※必須日用品以外は小遣い扱いにすることにしました。「本当に必要か」、を考えて購入するようになりました。

⒊医療費の内訳
医療費
※医療費記入の頻度が多かったので独立したカテゴリに進出させました。

⒋その他の内訳
こども関係、ガソリン、その他、用途不明金
※交際費、交通費はほぼ記録がなかったのでその他へ移行させました。

⒌固定費の内訳
家賃、水道、かんぽ生命、NICOSカード 、イオンカード、その他
※かんぽ生命は2件契約し、契約者貸付でよくお世話になっています(現在の貸付利用額 905,243円)。

【固定費の内訳】

光熱費とSuicaチャージ代は2019年の支払額の1ヶ月あたりの平均額で計算しています。

●固定費内訳
家賃63,470円 / 水道8,500円/かんぽ生命26,363円 / イオンカード(クロのSuicaチャージ代)8,000円 /NICOSカード 52,725円

【NICOSカードの使用額】

固定費や特別支出の支払いをNICOSカードにしています。2019年の 使用額は1,386,838円でした。驚きの金額です。還元率よりも支払いリズムを優先しているので、他のカードへの変更は保留にしています。
※NICOSカード は「毎月5日締め、当月27日払い」が基本です。ポイント還元率が高いクレジットカードにとても憧れます。

<NICOSカード内訳>
電気ガス15,200円 / 積立保険8,200円 / 自動車保険7,700 /通信費17,200円 / 掛捨て保険2,130円 / 個人賠償 130円

page top