カテゴリー
家計管理

家計簿の項目はシンプルに!?ピンポイントで見直すために試行錯誤中

【家計簿の項目をシンプルに!?】

食費が10万円を超える月が続き、項目を見直した方が良いのでは?という結論にいたりました。クロのコンビニ代や外食がコントロール不能なため、食費として扱わず「娯楽費」に変更。

・食費(食品、日用品)
・医療費
・その他(娯楽費、特別支出)
・固定費

2020年8月からこの項目を実施、食費の把握に努めます。子ども2人分のオムツは5日間で1袋消費。外食で多かったのがジュース代です。

【お金が貯まる仕組み作り】

お金が貯まるためには「金額、目的、期間」を決めることが大切です。SBIネット銀行の目的別口座を利用することにしました。

金額:70万円
目的:引っ越し費用(50万円は賃貸契約費、10万円は引っ越し代、10万円は家電家具費)
期間:2020年8月〜2021年1月
残高調整:円定期預金(25万円×α)+25万円未満

・25万円ごとに円定期預金[1ヶ月、自動継続 元利継続]
(円預金の残高が大きくならないように調整)

【収入が入った時の一工夫】

シロは引落口座に大きな金額が入っていたり、家計が赤字だったりすると心身ともに病みます。無駄遣いはダメだと思いつつ、家電を買いたくなったり、Amazonの利用額が増えたりします。お金のことばかり考え、iPadでネットサーフィンを長時間するので運動不足になります。数年前から「どうすればお金に困らないか」を考えて仕組み作りに取り組んでいます。

・生活費:シロとクロのデビッドカードにIN。
(月数回、代表口座の残高を各5万円にする)

・特別支出用:ソラの口座へIN。
(月1回 1.5万円)

・貸付金返済費用:アズキの口座へIN。
(月1回1.5万円)

・引落口座をreset
(月1回 残高25万円にする。赤字分は目的別口座から補填)

・現金:財布の金額を一定にする。
(月数回 34千円引落し、気がついた時にクロの財布8千円+シロの財布6千円になるよう千円札を入れる)

・余ったお金:目的別口座にIN。
(引落口座が赤字になりそうになったらココから補填)

デビッドカードの設定額は徐々に増やしていきました(1万円→2万円→5万円)。引落口座の金額resetは、クロのゆうちょペイ使いすぎを防止するためです(最近ゆうちょペイがブーム。その前はナナコカード。)

【固定費の見直し】

通信費:UQ(w06)+So-net(au光)+au携帯=合計約1.3万円(2020年8月にw06を購入)。

児童手当:まるまる貯金できたら200万円になるそうですが、ウチは今年残高0円になったので当てにできません。児童手当用の預金口座をつくって貯まる仕組みは作っています。キャッシュカードを作っていないので、クロが窓口でおろさないといけない感じにしています。この前確認したら、14万円でした。何かあったらすぐ吹っ飛ぶ額なので、保険を解約するのは避けたいです。

保険:払込済み保険にしよう!と企み中です。まとまった額が貯まったら、順番に保険を支払い済みにする予定。