カテゴリー
家計管理

家族と過ごすための支出?価値観の認識

久米島へ滞在中、デジタルデトックスの状態になりました。あの時の体験は得難いものでした。今でも波や三味線の音を聴いて思い出しています。

【家計の聖域】

家族全員でインターネットに依存しているので、通信費が削れないです。光回線が安価になってくれれば助かります。外出先でのながらスマホ防止のため、シロの携帯はガラケーです。

クロはゲーム(スマホ・プレステ)、映画やアニメ・お笑い鑑賞(Amazonプライム・ビデオ、youtube)が好きです。なので、家計の聖域は「通信費」です。全て「ダメ!」と抑制すると、パチンコへ通うと思います。

【健康と学習に関連する支出】

クロは通信費が聖域化、シロはどうか?シロはクロより物欲強めです。特に「漢方」「セミナー」「本」「資格」関連の支出に財布の紐がゆるゆるになります。

漢方は飲みきってから次の分を買いに行くようにしています。その日によって症状は色々。店員さんに体調の相談するときは、予算こみで対応してもらっています。

学習関係の支出にも紐が緩みます。本も中古で購入するようにしたり、セミナーもクロを巻き込んでみたりしています。マインドコントロールの本やセミナーの支出が目立ちます。

【固定費は15万オーバー】

予算の目標は、固定費9万円、変動費(生活費)11万円!!次引っ越すときは家賃低いところにしたいです(家賃63,470円、2年ごとの更新、更新料約9万円)。あと生命保険に加入予定。

【固定費の見直し】

「家族と過ごすためにお金を使う!」ことを目標とします。解約したくない契約も「家族と過ごす」に関わってくるか?を考えて、無関係だなと思ったら解約しました。

・掛捨て保険の解約
クロの収入保障保険(年額66,060円・月5,505円)は泣く泣く解約しました。次は5千円以下(県民共済2千円+しぶんと家族のお守り3千円以下)の生命保険と下の子の県民共済(千円)に契約予定。

・契約者貸付制度ありの保険
かんぽ生命の学資保険・終身の死亡保険(子ども2人の大学進学費)、シロの養老保険(奨学金返還用)に加入していました。

養老保険は既に解約(奨学金返還完了)。死亡保険は解約予定(そらが特別支援学校小学部入学→大学進学費<生命保険加入した方が良いと判断)。

・個人賠償責任保険
個人賠償責任保険は、150円で契約。

・車は必須
やっぱり、車は手放せない。車検、自動車保険の費用が発生。

・通信費
格安スマホにしないとこれ以上安くならない。

・クレジットカード引落
iPadの容量増加課金停止(月額130円)。段ボールの預けるサービス停止。Amazonプライム会員は継続。

便利なサブスクが多くありすぎて困ってしまいます。音楽聴き放題のサブスクが快適すぎて…。無料期間過ぎてもやっていそう(汗)

「固定費につながる契約を増やさない!」これに尽きる!気がついたら固定費増えているから困ってしまいます。

記事の編集履歴
2019年11月(クロ、1回目の転職前)
2021年8月(クロ、2回目の転職前)